下記↓の「名言・格言・ことわざの世界」は、当ブログ運営者が別途保有している総合名言サイトです。まだ発展途上ですがよかったら覗いてみてください。

WBC韓国チームのコメント 

サンスポの記事ですが、WBC決勝戦で負けた韓国の選手のコメントがなんともすがすがしかった。

記事によれば、

日本戦で2勝を挙げた日本キラーの奉重根(ボン・ジュングン)は、「人生最高の一戦だった。日韓が、世界でもベストの2チームだと思う。」

九回に同点タイムリーを打った李机浩(イ・ボムホ)も、「世界最高、最強のチーム相手にベストを尽くした。もっといい選手になれるよう、これから4年間準備したい。」

ついでにいえば、韓国の監督である金寅植(キム・インシク)さんも、「ベストを尽くしたし、何の不満もない。多くの場面で劣勢に押しやられた感がある。選手は今回の経験を生かして、4年後に力を付けて戻ってくるだろう」と述べています。

五回の対戦の中で全力を出し切ったからこそのコメントなのでしょう。
「また決勝でやりましょうね。」と素直に声をかけたい気分です。

それにしてもイチローは千両役者ですね。
千両役者といえば、原監督も現役時代はよくそんな形容をされていたかと思いますが、もしかすると原監督の千両役者オーラがイチローの2点タイムリーを生んだのかな。

終わってみれば、まるでイチローを主役にした感動ドラマでも見たかのような感覚です。
とはいえ、他のメンバーも本当によく頑張ったと思います。

松坂、ダルビッシュ、岩隈、藤川などの投手陣も素晴らしかったし、打線も本当にしぶとく相手投手にに食らいついていましたよね。

この優勝した侍ジャパンチームがWBCで負けたのは韓国戦の2敗だけという事実は、韓国チームにとって自信となることは間違いありません。

次回WBCでは、より自信と実力を身に付けた強いチームになって日本チームの前に立ちふさがるんでしょうね。日本もより強くならないと今度は危ないです。

今度こそ松井に加わってほしいものです…。


とにかく、WBC優勝おめでとう!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangekick.blog19.fc2.com/tb.php/998-23d325b9